読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしも明日が晴れならば ポケモン日和

そんなん考慮しとらんよって言わせたいポケモンブログ

【ポケモンSM】バンク解禁後に流行りそうな並び【シングルレートシーズン2予想】

 皆さま、おはようございます。

 シーズン2が始まり、バンク解禁を今か今かと待ちわびている方も多いかと思います。私もその一人でして、今回はあまりに楽しみすぎて待ちきれなかったので、バンク解禁後のレート環境で流行りそうな並びについて予想していきたいと思います。

 【注意】私の予想は当たった試しがないので、軽い気持ちで見てください(予防線を貼っていく立ち回り)。

 

 

というわけで早速行きます。

1.テテフバシャパルシェン

f:id:saijunior2002:20170121140835p:plain

  多分これが一番流行るんじゃないかなと思ってます。正直テテフバシャ対策いろいろ考えてますが、バシャの技が結構多彩で対策が難航しています。襷ゲッコウガあたりなら強く出れそうですがどうでしょうか。恐らく持ち物はテテフ(スカーフ)バシャ(格闘z)パル(襷)あたりなんじゃないかなと思います。バシャの技は飛び膝 守る フレドラ(オバヒ) 雷Pが最初多くて段々最後がはたきになったり、エッジになったりすると読んでます。

2.バン(カバ)ドリ 

f:id:saijunior2002:20170121141321p:plain

 ドリュウズがミミッキュ、テテフ、コケコ、ブルル等の7世代の強力なポケモン達に強いので流行ると予想します。バンドリのドリは型破りスカーフ、カバドリのドリは普通に砂かきなんじゃないかな?襷もってステロ巻いてくる奴も一定数いそうで、ドリュウズってポケモン自体が結構刺さってると思います。普通の並びにポンと入ってきて悪さしそうですね。

3.ブルルドラングライ(霊獣ランド)

f:id:saijunior2002:20170121141856p:plain

 巷で噂のブルルドラン。相性補完自体は完璧であるが、こいつらを崩せるポケモンメガルカリオをはじめとして一定数います。そこでそいつらに強めなグライや霊獣ランドが3体目として入ってくるのではないかと予測しています。ちなみに上のテテフバシャパルシェンにはなすすべなく負けます。

4.ペリラグラージ

f:id:saijunior2002:20170121142255p:plain

 ラグラージナイトがなんらかの形で解禁されたらという前提ですが、流行りそうです。テテフが流行っているおかげで単純にSが早くて火力のあるポケモンはめちゃめちゃ強いと思います。カバドリにも強そうなのもグッドですね。

5.コケコマンダガルドマンムー

f:id:saijunior2002:20170121142755p:plain

 いわゆる最速レート2000パですが、シーズン2でも十二分に強いと思います。またシーズン1での成功が忘れられない人もたくさんいると思うので、この並びは流行るんじゃないでしょうか(適当)。テテフバシャともまあまあ戦えそうです。

6.ゲンガーレヒレマンムー(霊獣ランド)

f:id:saijunior2002:20170121143020p:plain

 ゲンガーレヒレはシーズン2でも増えそうです。バシャにそこまで弱くないのもポイント高いと思います。シーズン2の電気タイプはカプコケコと霊獣ボルトの2強だと思いますが、そいつらに強めなマンムーのほうが3体目に採用されやすいのかなあと予想してます。ボルトが毒技を持たないといけないと思うのでめざ氷の採用率が落ちたら霊獣ランドでも行けそうです。

7.ガルガブゲン

f:id:saijunior2002:20170121143457p:plain

 いわゆる6世代の亡霊。グロウパンチかえって来たし一定数使う人がいるんじゃないでしょうか。普通に強いと思います。

8.ブルルドヒドイデテッカグヤ

f:id:saijunior2002:20170121143626p:plain

 相変わらずこの並びは強いと思います。ドヒドイデのところがウツロイドとかになるとウルガモスにも強くていいかもしれません。ただし、流行るかどうかは知らない(趣旨が死んだ)。

9.グロスガブ霊獣ボルト

f:id:saijunior2002:20170121143915p:plain

 単純にこの並びで今のところ考えてたので入れた。流行れ。

 

 このほかにも、受けループがフシギバナ・バンギの帰還もあり増えそうですね。並びではありませんが、ゲッコウガ、リザXあたりは単体でポンと入ってても糞強そうです。メタグロスも冷凍パンチ復活とテテフ対策でめちゃくちゃ増えそうです。

 

 というわけで、今回はこれで終わりにしたいと思います。バンク解禁後のシーズン2楽しみですね!私はまずアルファサファイアをクリアするところから始めないといけないのでそれだけがめんどくさいですが、頑張りたいと思います。今回もここまで読んでくださった方ありがとうございました。

 

【ポケモンSM】トノグロスとゆかいな仲間たち【最高レート1981】

皆さまシーズン1お疲れ様です(ちょっと早い)。

 私のほうは本ロムのテテフグロスコータスが2040ぐらいまで上がった後、リーマンショック後の株価のごとく大暴落して1800台までさがったので、諦めてサブロムで別のPT組んで回してました。サブロムは最高レートが1981で1900台はキープ出きたものの2000には残念ながら到達できませんでした。しかし構築的には割といけそうな気がしていたので、備忘録替わりにでも記事に残そうと思います。

f:id:saijunior2002:20170115143024p:plain

(この写真から50戦ぐらいやったが無理だったので心が折れた)

というわけで個別紹介(前回のPTとKP3だが2匹は調整変えてます)

 

f:id:saijunior2002:20170115144415p:plain

メガメタグロス

性格:意地 特性:かたいつめ 持ち物:メタグロスナイト

調整:167(92) 195(100) 178(60) - 131(4) 162(252)

コメットパンチ/思念の頭突き/地震/バレットパンチ

 満を持して意地っ張りで育成し直したメタグロス君。調整についでだが、Sをぶっぱすると丁度最速95族(カプ・テテフ)を抜けるようになるのでぶっぱして、Hをゴツメダメが最小になる6n-1まで振り、Bを意地ミミッキュのZシャドークローを耐えるまで振り、あまりをAとDに振り分けた。テテフグロスの記事を書いたときは陽気である必要はないと言っていたが、この準速メガメタグロス最速ミミッキュと同速なので上から鬼火を打たれたりガブリアスの上を取れなかったりとなんとも痒い所に手が届かない存在になってしまった。そして正直あまりAがあがった恩恵を感じなかったので(特化バレパンでも無振りミミッキュを縛れない等)、やっぱり陽気でガブリアス抜きぐらいがいいのかもしれない。

 前回はただの置物感が否めなかったが、今回はニョロトノがこいつがきついポケモンをぶっとばしてくれる上に弱点の炎を雨で消してくれるため動きやすく、また環境的にもなぜかメタグロスが刺さっていたPTが多く、たくさん選出することができて嬉しかったです。しかし、たくさん選出した分たくさん技を外しました。技外しはこいつの特性なのでしょうがないですね(DSを投げながら)。

 こいつがHPの削れて地震圏内のメガギャラの滝登りでひるまされて突破されるたびに、なんで滝登りは命中100なのに思念の頭突きは命中90なんだよ!とキレてました。是非次回作では命中100にしてあげてください、もしくはせめて威力あげてくれ~~~~~~。

f:id:saijunior2002:20170115144418p:plain

ニョロトノ

性格:控えめ 特性:あめふらし 持ち物:こだわり眼鏡

調整:175(76) - 107(92) 156(252) 121(4) 101(84)

ハイドロポンプ/波乗り/冷凍ビーム/滅びの歌

 

 私の大好きなポケモンの一匹のニョロトノ君、めっちゃ可愛い。特性あめふらしペリッパーとかいうふざけたポケモンも習得してしまったので、シングルバトルでこいつをみることは少なくなってしまった(夢を捕まえるのがそもそも面倒臭いから使われていないという説はある)がまだまだ強いポケモンであると私は信じています。

 このポケモンの役割は

f:id:saijunior2002:20170115170406p:plain

というように、メタグロスがきつい鋼ポケモンや数値を盾にタイプ相性無視して受けに来るふざけたポケモンたちを一貫性の高い超火力水技でぶっ飛ばすというものです。考え方は前回のコータスと一緒ですが、ニョロトノが偉いのはSがそこそこあるのでギルガルドやテッカグヤ、ポリゴン2みたいな遅くて固いポケモンはミミッキュの補助なしで上から負荷をかけれれることです。ちなみに雨下なみのりでポリゴン2は確定2発なので受けだしを許しません(ただ対面したときは自己再生で雨切れるまで粘られると負けなのでドロポンで処理するしかない)。またDが高く控えめテテフのフィールドサイキネぐらいなら耐えれるのでゲンガーあたりにも強く出れるのもグッドです。また水を舐めたPTにはトリルからの波乗り連打でeasy winも可能です。

 同じことはペリッパーでも可能であるし、ペリの方が火力が高くメタグロスとの相性補完も良いので良さそうですが、ポリ2やテテフの10万ボルトで落とされてしまうのは役割遂行能力の欠如であると考えやめました(ただペリッパーってポケモンの見た目があんま好きじゃなかったという理由が一番大きいかもしれない)。

 調整についてですがSを麻痺状態の130族を抜けてかつ4振りマッシブーンを抜くまで振り、Cをぶっぱ、Hを定数ダメ最小の16n-1まで振り、残りをBDに振り分けました。ここまで振るとメガボーマンダの陽気捨て身までいい乱数で耐えるが、Bはその程度の耐久なので過信は厳禁。本当はSをもっと削ってHとBに回して意地マンダ捨て身耐えまでにしたかったが、SがよくわからないジバコやあんまりS振ってないメガハッサム、麻痺させた後の抜ける範囲を広げたかったためSに振る形となった。しかし麻痺弱体化により麻痺らせてもスカーフテテフは抜けなかったり、そもそも130族のコケコゲンガーに麻痺を入れることは難しい(片方は入らない)かったり、トリル展開のことまで考えるとS無振りでもよかったかもなと使ってて思いました。

 技構成は最高火力のドロポン、命中安定の波乗り、マンダにうつ冷凍ビーム、害悪を消し飛ばす滅びの歌としました。基本は波乗りで火力は十分(無振りガブが高乱数1発)なのでほかの技は打ちません。特に冷凍ビームは結局1回も打たなかった。 

  前回のコータスと違ってガブで止まらないのは強かったが、やっぱりメガボーマンダが非常に重くその辺をケアできるポケモンがテッカグヤ以外でほしかったものの見つからなかった。

f:id:saijunior2002:20170115144423p:plain

デンジュモク

性格:臆病 特性:ビーストブースト 持ち物:エスパーz

調整:161(20) - 94(4) 217(188) 97(44) 148(252)

10万ボルト/めざ氷/蛍火/催眠術

 トノを確実に止めてくる水ポケモンを倒すために採用した。こいつを入れてるとガラガラが勝手にでてくるので、それもトノを一貫させる助けになっていた。本当はスカーフがよかったが、数は少ないというものも受けループを切るのは信条的に許せなかったので催眠z蛍火型で採用した。しかし毒びし巻かれてめざ地面奇跡ラッキーにぼこぼこにされたので、やっぱり普通にスカーフ型で採用しようと新しい個体のレベルを上げるため四天王周回していたが間に合わなかった。調整はビビり玉のやつの流用なので割愛、微妙にDを振ってて助かったときも何度かあったのでC削って耐久にがっつり振るのも強そうだなと思いました(というかマンダみたいならビビり玉でいいのでは錯乱)。

 本当はこの枠を電気zカプ・コケコにしようと考えていたが、私のカプ・コケコは身代りとまもるにポイマを使ってしまったので流石に技を変えることがためらわれ、今回の採用は見送った。

f:id:saijunior2002:20170115144430p:plain

ジャローダ

性格:臆病 特性:しんりょく 持ち物:ゴツゴツメット

調整:181(244) - 115(0) 95(0) 117(12) 181(252)

ギガドレイン/蛇にらみ/宿り木の種/リフレクター

 普通のゴツメジャローダ。メガギャラドストリトドン等デンジュモクでみることが難しそうなポケモン、またPTに一貫している地面(ガブリアス)をとめたり、麻痺をまいてトノの範囲を広げるために採用した。調整はPT単位で重いルカリオや意地マンダに上から睨めるように最速にして、残りをDL対策含めてHDに振った。

 命中100で地面にもとおる蛇にらみをこの素早さから打てるのは強かったが、やはりしんりょくなので火力不足は否めなかった。またガブに蛇にらみからはいったらアルティメットドラゴンバーンで吹き飛んだり、メガルカリオの適応力インファで飛んだり絶妙に耐久が足りていませんでした。

f:id:saijunior2002:20170115144442p:plain

ガブリアス

性格:意地 特性:鮫肌 持ち物:こだわりスカーフ

調整:184(4) 200(252) 115(0) - 105(0) 154(252)

逆鱗/地震/ストーンエッジ/ダブルチョップ

 普通のスカーフガブリアス。地面タイプいれないとコケコがひょいひょい出てきて好き勝手してくるのは前回学んだのでこいつをいれた。ガブリアスはスカーフ持っているのが一番強いと6世代まで思っていたが、7世代になってスカーフカプ・コケコとかいうふざけた生物が現れだして雲行きが怪しくなった。ついでに意地だと臆病スカーフテテフに抜かれているという驚愕の事実にも気づき、この枠は非常に悩ましかった。そのため選出自体はほとんどしなかったが、こいつのおかげでコケコの選出は抑制できたので十分役割を果たしているのではないでしょうか。

 出したとき強かったのはさすガブでした。

f:id:saijunior2002:20170115144436p:plain

ミミッキュ

性格:意地 特性:化けの皮 持ち物:フェアリーz

調整:149(148) 149(204) 120(156) - 125(0) 116

じゃれつく/影うち/呪い/トリックルーム

 またトリルミミッキュ。トリックルームって技大好きなので一枠はトリル打てるポケモンを入れたいといつでも思っています。構成はオニシズクモでレート2000行った人のトリルミミッキュをパクりました。詳細はそちらに書いてあるので、興味ある方は調べてください。

 トリルうってトノを投げるって動きは強かったですが、微妙にトノのSが早かったために、打つタイミングが難しかったです。後今回襷じゃなかったためこいつの投げ方は少し難しかったのでやっぱり耐久ふらないで襷のほうがミミッキュでトリル打つなら正解なのではないかと思わないでもなかった。

 

 

 総括ですが、まずニョロトノは強かった。高耐久水であるレヒレはこのPTにほぼ出てこれず、ジャローダ、デンジュモクのおかげかギャラもあまりでてこなかったので、凄く水が一貫しました。しかし一方で、メガボーマンダが鬼のように重いという重大な欠陥を抱えており、流行りのコケコマンダガルドマンムーみたいなのに選出じゃんけんで勝てないと勝てませんでした。あとドラゴンzガブリアスは重すぎるので簡便してください(トノが初手対面でガブに吹き飛ばされると勝てる気がしない)。この辺を解決できるような神案を募集してるので是非ポケプロの方アドバイスください。

追記:記事書いてみて読み直してみるとデンジュモクとジャローダの役割がかぶり気味なことに気づいたので、変えるならこの辺かもしれません。

 7世代になってガルーラがいい感じに弱体化して、メガボーマンダとかいう火力と範囲がふざけたポケモンがいるものの、ニョロトノコータスみたいな低種族値ポケモンたちでもなんとか活躍できそうな環境でシーズン1はやっていてとっても楽しかったです。シーズン2は過去作ポケモン解禁ということで、平和な環境はおわり大戦国時代が始まりますが、次のシーズンこそ2100乗れるように頑張ってPT考えたいですね!

 この辺で終わりにしたいと思います。最後まで読んでいただいた方ありがとうございました。

【単体考察】臆病でビビリな僕がメガボーマンダに勝てる訳【サンムーン】

今回考察するのはこいつ

 

f:id:saijunior2002:20170102232117p:plain

デンジュモク

性格:臆病

持ち物:ビビリだま

努力値: H20  B4 C188 D44 S252

10万ボルト/めざ氷/ほたるび/みがわり

 このデンジュモク君は臆病ビビリなので、ボーマンダと対面して威嚇されると逃げ足が速くなります!すると、勉強だけは得意だったデンジュモク君は、ご自慢の圧倒的な特殊攻撃で低速ポケモンをイジメるメガボーマンダ君をやっつけることができようになります!やった!第一部完!

 

 というわけで、真面目な考察をします。調整は身代わりが4回貼れる4n+1までHに振り、ハピナスの無振り火炎放射で9割身代わりが残るまでDに振り、Sはミミッキュにワンチャンもたせるために最速、残りCとしました。ここまでCをふっておけば大体のガブリアスはめざ氷で落ちるようになるので十分です。調整からもお察しの通り、このポケモンは別にボーマンダ対策ではなく、受けループ対策です。相手のハピナスはほぼ起点なので身代わりで毒毒をすかして、ほたるびを積み、火炎放射を1回耐え、ほたるびをもっかい積んで火炎放射で身代わりを壊されれたとこにもっかい身代わりすれば、大体の受けループは降参します。BC控えめハピナスには素直に初手ほたるびをしましょう、身代わりすると普通に壊されて負けます。

 技構成は主力の10万、ガブマンダ分からせるためのめざ氷、コンセプトのほたるび、みがわりに自然と決まり、そこでふと気付きました、もたせるアイテムがないと。催眠術の枠がなかったのでエスパーzはなし、スカーフもコンセプト的に持てない、オボンや食べ残しを持たせてもこいつはやるかやられるかのポケモンだからあまり意味はなさそう、じゃあボーマンダにワンチャンあるビビリだまにしようとなりました。クソポケ誕生の瞬間です。

 結論から言うと、サブロムで適当にPT組んで50戦ぐらいしました(最終が1850ぐらい)が、ビビリだまが発動した試合は2試合でした(それらの試合は3タテした)。このポケモン使ってて、何度こいつがスカーフ持ってたらなあと思ったかわかりませんが、範囲が異様に狭いだけで刺さったときには死ぬほど強かったです。特にコンセプトのハピナスには異常に強く、大体ハピナス、ナマコブシ、ヤドラン、ドヒドイデあたりを受けルーパーは出してくるので、受けルーパーには全部勝ちました。ゲンガー入りにも身代わりをのこせるので問題なく処理できます。ただしゲンガーと対面したときは身代わりが残ってても、必ず初手身代わりを打って道連れをすかしましょう。

 催眠z型だと催眠よけられたり、眠りターンが少ないとハピナスに毒毒火炎放射でいいダメージいれられて3タテできずに残ったナマコブシを後続が突破できずに負けということがあったため、こいつを育てましたが、素直に自らSをあげられる催眠術が恋しかったです。正直アイテムなんでもいいんでシュカのみとか、先制の爪とか、身代り4回で自ら発動できるカムラのみとかいいんじゃないかなと思いました。上ではないと書きましたがオボンとか食べ残しでも普通に強いと思います。

 受けループ当たるとマジ萎えるわーとか言う人にはおススメのポケモンなので持ち物変えてぜひ使ってみてください。

 

【単体考察SM】テテフグロスができるまでに育てた自慢のポケモンたち【供養】

 前回無事テテフグロスでレート2000を達成したわけですが、あの並びに至るまでに2ボックス分ぐらいポケモンを育成しました。そのほとんどがテンプレの面白くないポケモンでしたが、その中でも結構自信があった新ポケモン達を今回供養の意味をこめて紹介させていただきたく思います。

 

f:id:saijunior2002:20170103154007p:plain

NO.1 クワガノン

性格:穏やか 特性:ふゆう 持ち物:突撃チョッキ

実数値:184(252) - 114(28) 175(76) 125(148) 63(4)

10万ボルト/虫のさざめき/ボルトチェンジ/めざパ氷

 Bは特化メガマンダの捨て身を確定2発まで、Dは特化ギルガルドのシャドボが低乱数3発(24%)になるまで振り(ここまで振ると特化サザンの眼鏡大文字一発耐える)、残りをCに振った(ちなみにC175で無振りサザンを虫のさざめきで高乱数1発(88%))。

 主にギルガルド、テッカグヤ、ゲンガーといったグロスがきつそうなポケモンを見るのと、カプコケコを筆頭とした電気の一貫をきるために採用していた。しかし、こいつを使っていた時は宿り木身代りテッカグヤが最盛期であり交代読みで宿り木を入れられてしまうと容易に突破されてしまったり、カプコケコと対面させてボルチェン一回いれられてしまうと、再度コケコ対面したときに殴り勝てないということがわかりPTから抜けていった。世の中には地面z型みたいなのが多くいたそうだが、正直切る技がなかったしそもそもチョッキきないと数値足りてないので私は採用しなかった。

 環境がちょっとこいつに逆風であったが、宿り木カグヤみたいなのは身代り持ちのガモスやリザXの到来とともに消え去ると予想(願望)してるので、今後また使えるかもしれないと思っています。

f:id:saijunior2002:20170103155848p:plain

NO.2 カプ・レヒレ

性格:図太い 特性:ミストフィールド 持ち物:食べ残し

実数値:177(252) - 176(196) 115(0) 150(0) 113(60)

ムーンフォース/なみのり/瞑想/身代り

 努力値はSを60族抜きまで振って残りをHBに振るという、どっかの瞑想スイクンと同じような配分。レヒレはHに252振ると丁度16n+1になるので非常に調整が楽でした。

 主にガルド、ポリ2、バルジーナ、ガブ、マンダあたりを見るために採用したポケモンでした。この子を使ってた時はコケコマンダガルドが異常に沸いていて、みんな毒まもガルドだったために起点にできていました。高耐久をどくどくで見ようとしているPTには非常に強く、ポリ2やガルドと対面したときは身代りを隠して瞑想を5回積みミストフィールドが切れた瞬間に身代りを押すというプレイングで相手を分からせることができ非常に使ってて楽しかったです。またうまく身代りを残すことで後続の物理ポケモンたちにも強く戦うことができたので、こいつの身代りは強かったです。ベトベトンをこいつで見なければいけなくなったら、身代り連打してダストシュートのPP枯らして無理やり突破することもできました。しかし、テッカグヤにはヘビーボンバーで余裕で身代りを突破されて辛い戦いを強いられたり、ガルドの物理型が増え普通に突破されたり、デンジュモクが増殖したりして厳しかったので抜けていきました。ただグロスサザンレヒレの並びは個人的に自信があり、どこかでまた使いたいなと思っています。

f:id:saijunior2002:20170103161452p:plain

NO.3 カプ・コケコ

性格:臆病 特性:エレキフィールド 持ち物:食べ残し

実数値:177(252) - 105(0) 116(4)95(0) 200(252)

10万ボルト/どくどく/身代り/守る

 普通のどくみがコケコ。調整はHSぶっぱで残りC。こいつの流し性能が非常に高いと思った筆者は交代読みどくどくが決まりやすいだろうなと思い、このポケモンを育てました。

 満を持して対戦に臨み、読み通り電気技を受けに来たアローラガラガラにどくどくが入り、このまま身代り守るで突破できたな(確信)と思っていたが……

f:id:saijunior2002:20170103163820p:plain

 私はそっとこのポケモンを使うのをやめた。

 

 

 他にもいろいろ育てましたが、新ポケモンでちゃんと考えたのはこのぐらいでした。シーズン2以降この子達の日の目があびることを願っています。

【ポケモンSM】テテフグロスにコータスを添えて、シングルレート2000達成構築【シーズン1】

ポケモンサンムーンの発売と7世代の到来

カプと名の付く強力なフェアリー達が環境を支配することを聞いた筆者は、

「こんなん絶対メガメタグロス強いでしょ!」

と、意気揚々と好きなポケモンであるメタグロスを軸にレートの海へと潜っていったが……

「お?カプ・コケコか早速来たな、メタグロスでわからせてやるわ!何、ボルトチェンジ?結構入るじゃないか……しかもテッカグヤ出てきて地震すかされたし、くそうじゃあサザンドラにバックだ!何!宿り木の種?やどまもだと……こいつどうやって突破したらいいんだ……」

 なんと、役割対象のカプコケコからは上から高火力で押し切られ、大量繁殖しているテッカグヤにとめられるばかりか、6世代では対面で勝てていたガブリアスボーマンダに対し、冷凍パンチはく奪によって勝てなくなり、またアイアンヘッドを取り上げられ、命中不安のコメットパンチを打たなければならなくなったことで得意のフェアリーに対しても安定しなくなってしまったのだ!ついでに爪とぎまで没収されたので、身代りで宿り木すかして爪とぎ積むみたいなこともできなくなってしまったのだった。

 負けが続き1600すら越えられない日々、心は折られメタグロスからボーマンダにしようとしたとき、昨日の敵は今日の友、強力な妖精がメタグロスを助けにきたのであった。

 

 茶番はこの辺にして、メタグロス入りでレート2000到達(ぴったり)したので、構築記事を書きたいと思います。

f:id:saijunior2002:20170102214010p:plain

f:id:saijunior2002:20170103011558p:plain

 VER2となっていますが、実際はVER9ぐらいだと思います。大体30~50戦ぐらいやって上手くいかなかったら、次のPTみたいにしてました。この構築にしてからは1700ぐらいからスタートしてポンポンあがっていって50戦ぐらいで2000乗りました。(一回2000チャレンジで通信切れでそのあとレート100ぐらい落ちたときは完全に心が折れそうになった)

それではPT紹介していきます。

f:id:saijunior2002:20170102213650p:plain

メガメタグロス

性格:陽気

持ち物:メタグロスナイト

努力値:H156 A76 B20 D4 S252

コメットパンチ/思念の頭突き/地震/バレットパンチ

 後述のカプ・テテフちゃんと並べてサイコフィールド思念の頭突き連打してれば強いでしょってコンセプトのポケモンだったが、実際は大量に沸いていたテッカグヤに確実に止められてしまうため、ただの青写真であった。だが逆にこいつをいれることでテッカグヤを確実に呼ぶため、後述のパルシェンやデンジュモクの起点にすることができている。

 上では散々に書いたが、耐久ポケモンさえ処理できれば、ご自慢の数値と速さからなかなかの強さを発揮してくれました。技は地震アームハンマーが選択だと思いますが、このPTでは少しでもギルガルドの打点が欲しかったのと、ジバコイルへの処理速度、あと命中不安を少しでも採用したくなかったということから地震を採用しました。

 技構成は色々変えましたが、こいつだけは400戦個体を変えずに使ってきたので非常に愛着がありました。そのため、個体を変えませんでしたが多分性格は意地のほうがいいし、SもこんなにいらないからAに振った方が強いと思います。もし参考にされる奇特な方がいらっしゃれば、調整を考えてあげてください。

 肝心なところで技外したり、肝心なところでひるませたりしたので一喜一憂できて楽しいポケモンだと思います。でも今は冷凍P解禁されるまでしばらくこのポケモンはいいかなって気分です。

f:id:saijunior2002:20170102222310p:plain

カプ・テテフ

性格:臆病

持ち物:突撃チョッキ

努力値:H4 C252 S252

サイコキネシス/ムーンフォース/10万ボルト/めざ炎

 本構築のMVP、可愛くて、強い。この子のおかげでここまで勝てたといっても過言ではありません。

 チョッキを着せることで、メガゲンガーのへど爆を耐えて返しのサイキネで落とせるようになったり(襷ゲンガーは許さん)、雨下グドラの水zを耐えて返しのムーンフォースで倒せるようになったりできます。またSがコケコよりも遅いため、フィールドを奪いつつ後ろに高火力を押し付けられます(コケコのフィールドなし電気zぐらいなら余裕で耐えるし、ボルチェンからの10万もフィールドをとっていれば耐える、しかも無振りコケコはフィールドサイキネで確定1)。また物理耐久がないとはいえ、A200の地震くらいなら一発耐えるため、ガブやマンムーに対しても強い負荷をかけることができます。特にマンムーに対してはフィールドのおかげで礫で縛られないため対面有利です。

 性格が臆病なのは、意地ミミッキュや陽気メガギャラや補正なしメガガルーラを抜くためです。ほんとは補正なしメガガルーラ抜きで残りHのつもりでしたが、努力値振りを間違えていたことにこの記事を書くために実数値改めて見て気づきました。Hを振らないとやんちゃフェローチェの毒づきの乱数が変わってくるので、ほんとはしっかりH振ったほうがいいと思います(実際に対面したときは低乱数引いて耐えてたから気づかなかった)。

技はタイプ一致のサイキネ(ショックだとコケコが落ちないがミミッキュがおちるようになる)とムーンフォース、テッカグヤ打点の10万、ハッサム処理用のめざ炎にしました。変えるなら10万をシャドボかなという感じですが、テッカグヤが嫌いなので10万にしました。適当に10万で削って裏のパルのつらら圏内にするみたいなこともできたので正解だったと思います。

 環境にスカーフテテフが非常に多いからか相手はスカーフだと思いこんで動くことが多々あり、勝手に交換読みを繰り返して自滅していくということがよくあったのも強かったです。

 先制技無効で打ち分けられる眼鏡ラティオスが弱いわけがない。

f:id:saijunior2002:20170102230727g:plain

パルシェン

性格:意地

持ち物:命の珠

努力値:H4 A252 S252

つららばり/ロックブラスト/こおりのつぶて/殻を破る

 普通の珠パルシェン。珠を持たせることによりロックブラストでガラガラを確定で落とせるようになったり、+2つららばりでHB特化テッカグヤ以外のテッカグヤを吹っ飛ばせるようになります。

 このPTはメタグロス、デンジュモク、コータス地震抜群が3体もいるのに浮いてるポケモンが一体もいないというくそ構築なのでガブがひょいひょいでてきます。そのガブを起点にして殻を破って全抜きしていくのがこいつの役割になります。珠パルシェンは読まれないようでガラガラが居座ってきたり、HP削れたテッカグヤが舐めて突っ張ってきたりするので強かったです。

 メガガルーラを起点にしようとすると岩石封じで安全に処理されるので注意。 

f:id:saijunior2002:20170102232117p:plain

デンジュモク

性格:臆病

持ち物:エスパーz

努力値:H4 C252 S252

10万ボルト/めざ氷/ほたるび/催眠術

  普通の催眠zデンジュモク。メタグロスが死ぬほどテッカグヤやポリゴン2を呼ぶためにこいつを採用しました。

 技構成は、主火力である10万、マンダやガブを一発で飛ばすためのめざ氷、高耐久や催眠でズルしたときのほたるび、S補強兼ズル技の催眠術としました。耐久相手にはデンジュモクはとても強く、ほたるびを適当に積むとハピナスをも飛ばせるようになるため受けループ対策にもなってます。

 催眠zは当てれば強かったが、所詮60%なので避けられることも多く催眠に頼った試合は大体負けました。またこいつ対策なのかスカーフガブリアスが結構増えていて上から殴られることも多く厳しかったです。ただ、こいつより遅いポケモンはほたるび10万で大体縛れるので、鈍足ばっかりのPTには本当に強かったです。 

f:id:saijunior2002:20170102233802p:plain

ミミッキュ

性格:陽気

持ち物:きあいのタスキ

努力値:H4 A252 S252

じゃれつく/影うち/呪い/トリックルーム

 トリックルーマーのミミッキュ君。流用個体なので陽気だが、もしこのPTを再現するなら意地でぜひ育ててください。変に耐えられても困るのでトリックルーム持ちですがAS振り。

 技構成はガブやマンダにコータスが弱いのでじゃれつく、万が一こいつがラス1残ってしまった場合のための影うち、自主退場技の呪い、コンセプトであるトリックルームとしました。影うちのところはシャドークローの方が良い気もしてましたが結局どっちも打たなかったのでどっちでも良いと思います。

 基本的にこいつは後投げして一発ばけのかわで耐えて、もう一発タスキで耐えてトリックルーム張って、呪いで退場するポケモンです。もしばけのかわが残ってしまったら、適当にじゃれつくでもうってはがしてもらった後トリックルームを打ちます。以上。

 

 f:id:saijunior2002:20170102234802g:plain

コータス

性格:冷静

持ち物:炎z

努力値:H244 B4 C252 D4

ふんか/オーバーヒート/地割れ/鬼火

 このPTの裏エース。ミミッキュのサポートをもらってトリル日照り噴火で全抜きしていきます。全抜きと書きましたが、トリルが最長で3ターンしか使えなので2体持っていけば上々で、残り一体はラス1ポケでみなければならないので結構きつかったです。HPが減ってしまって噴火のダメージが低くなったときには炎zを打ちます。ちなみにふんかうって炎z打てば自己再生込みで大体のポリ2は落ちます。このPTは死ぬほどギルガルドが重いのでできるだけギルガルドが出てこないようにと、このポケモンを裏エースに添えましたが、あまりその効果は表れなかったようでぽんぽこ出てきて蹂躙されました。

 ささってるPTへのこいつはめちゃくちゃ強かったです。こいつの噴火はガブリアスの後出しを許さないし、ギャラは噴火+炎zでいい乱数で落ちます。起点回避の鬼火や地割れまで搭載しているし、耐久もそこそこあるのでガブの地震ぐらいなら耐えます。いいとこだけ書くと最強ポケモンに見えてくるが、こいつはウルトラマンと一緒で3ターン経つと弱ポケモンに逆戻りするので注意しなければならない。

 レート2000上がれるかどうかの試合でしっかり地割れ当ててくれた神ポケでした。

 

基本選出は、

テテフグロスパルシェン

テテフパルシェンデンジュモク

何か+ミミッキュコータス

でした。結局いろいろ試しましたが、防御的な思考で作るPTだとどうしても不意のZ技や交換読みヤンキープレイ、Z催眠術みたいなのに対応しきれなくなるので、攻撃的に自分のやりたいことを押し付けるPTが強いなあと思いました。使っていて勝っても負けてもストレスフリーですし。トリルコータスとか使ってて超楽しかったです。

 

レート自体真面目にやるのがXYのシーズン2以来で、正直ポケモン完全に忘れてたので無事目標のレート2000達成できてよかったです。ここまで読んでくださった方ありがとうございました。